東海共立鋼業

  • お問い合わせ
  • 採用情報
  • レール事業
  • 事業紹介
  • 会社情報
  • TOP

MENU

採用情報

働く魅力

“鉄鋼を通じて、「人材」から「人財」へ”
-Be a Valuable Human With Steel-

昭和25年の創業以来、東海地区を中心に、我々は鉄とともに、歩み続けてきました。創業時、鋼材販売から始まった事業は、加工・設計・現場施工へと広がり、幅広い知識とノウハウを培いながら、現在は4事業所・4工場へと事業を拡大しました。
その背景にあったのは「人財教育」です。鉄鋼を扱うプロフェッショナルとして、技術・知識の習得、実践の場の創造に力を入れてきました。そんなプロ集団の中で、技術を覚え、知識を広めあうことにより、「人材」から「人財」へと成長することができます。

仕事内容

営業職
営業職

東海地区を中心に、約300社ほどのお客様に対し、鋼材の販売
または、ご要望に応じた加工品の手配等のお手助けをする仕事です。加工事業部においては、社内教育を経て知識を習得した後、
現場施工管理者としての仕事もあります。

鋼材加工職
鋼材加工職

自社工場にてバンドソー・ドリリングマシン・ビームワーカー等の最新鋭の機械を使い、鋼材の切断・ドリル穴加工等を受注先からいただいた図面をもとに、加工をする仕事です。

設計職
設計職

JR新幹線・在来線の保全に関する鋼構造物や橋梁を現地実測し、クライアントと綿密な打ち合わせ後、専用CADを使って工作図を製図し、加工工場へ指示をする仕事です。

施工職
設計職

実際に、クライアントの現場へ赴き、図面にしたがい、自社工場で製作した構造物の据え付けや、溶接作業をする仕事です。

先輩の声

西脇鷹平

仕事のやりがい

「トライへの自由度」がこの会社でのやりがいです。ここでは、社員ひとり一人に与えられる裁量がとても大きいんです。クライアントを訪問する時に、「どこに」「何時に」「なにの案件で」を自分で決めて動くことができます。例えば、午前は3件ほど得意先で情報収集。午後は、移動中に目に付いた鉄工所へ飛び込み営業してみたり。全部自分判断です。

鉄鋼部品の提案はもちろん、鉄に関わるもので利益をあげられるなら、 どんなことにも挑戦できます。先輩に、建築現場で職人さん向けにカップラーメンの販売を企画した人もいましたね(笑)自分スタイルで仕事を進められるので、本当に楽しいです。

働きやすさ

上下関係の風通しの良さは、バツグンですね。社長とも気軽に雑談で盛り上がれる空気が、事務所内にあるんです。最近あった面白かったこととか、気になるニュースとか。仕事の合間に、会話で息が抜けるんです。

そんな雰囲気の会社だから、上司や先輩との関係もフランク。困った案件には、自分ごとのように相談に乗ってくれて。だから、この会社で人間関係の息苦しさを感じたことは、ほとんどないですね。何十年もこの仕事を続けている先輩がたくさんいるのは、一緒に働きやすい仲間ばかりだからかもしれません。

1日の流れ

1日の流れ

高橋克明

仕事のやりがい

設計から施工まで、ものづくりの1から10まで携われるのがやりがいですね。まずは、営業からもらった図面をCADで書き起こします。もちろん事前に現場へ赴いて、実測をして、より正確な図面に仕上げます。自分が書いた図面が、誤差なく製品に仕上がった時は、最高に気持ちいいですね!

部品に仕上げるだけでなく、施工を管理するために、現場で作業の監督も行います。線路や防護壁など、自分の作ったものが、多くの目にふれる場所や、街の人の生活を支えている姿を見ると、この仕事を誇らしく感じます。

働きやすさ

勤務時間が個人の裁量で決められるというところが、ここの働きやすさです。 自分自身にも家族がいるので、家族との時間がしっかり 確保できているというのが、やっぱり嬉しいです。

以前の仕事では、帰るのが朝方。帰宅しても子供の寝ている顔を眺めるだけという生活でした。それがいまでは、18:30には退社できて、帰宅してから子供と遊んだり妻の家事を手伝ったりしています。家族との時間がつくれると、心にも余裕ができて、仕事と家庭のライフワークバランスが取れた働き方ができています。

1日の流れ

1日の流れ

※加工事業部では、社内業務だけではなく実際に現場へ行って実測、施工管理も行います。

山田章雅

仕事のやりがい

加工事業部の仕事は主に鉄道の鋼材関係の図面の作成・現場実測・現場の施工管理等を担当しています。
鉄道(新幹線・在来線)の輸送業務の安全を支えているというのがやりがいですね。

正直、外から見れば、なにをやっているかわかりにくいかもしれません。ですが、私の仕事で気づかれないというのは、安全であるということの裏返しでもあります。
電車が普通に運行し、事故もなく毎日沢山の人を輸送するこれが『日本の鉄道』です。そんな『日本の鉄道』を支えていく上で必要な仕事をできることに誇りに思って仕事をしております。

働きやすさ

この会社に就いて2年が経ちました。
前職の仕事は接客業でしたので、異業種からの転職でした。
最初はスケールの違いや右も左も分からない状態だったので戸惑うこともありましたが、分からないことがあればすぐ質問できる環境であるため、色んなことを学び日々成長してっている自分を感じられる職場です。休日に関しても、仕事と休日のメリハリがしっかりあり、有給休暇も気軽に取得できるところもいいです。

最近導入した日報アプリでは、個人一人一人が1日を振り返りみんなで情報共有やコミュニケーションを取れるコンテンツになっているため現場等に出ていても上司の方々と気軽にコミュニケーションが取れる環境が出来ています。

1日の流れ

1日の流れ

※加工事業部では、社内業務だけではなく実際に現場へ行って実測、施工管理も行います。

池田真也

仕事のやりがい

自分のやり方で業務を遂行出来る事が、この会社でのやりがいです。先輩方から教えてもらった事を軸に、仕事を任され、自分で考えやり終えた時に大きな充実感を感じます。
もちろん取り組んでいる時は苦労や壁にぶつかる事もありますが、それを乗り越え目標を達成した際は、自らの成長を実感でき、とてもやりがいを感じます。また、お客様から感謝の言葉を頂いた時はとても嬉しいです。

売上の数字にも、お客様の気持ちが反映されていると考えています。一概には言えませんが、売上が上がっていけばご満足して頂いている、逆に下がれば何らかの不満がある、もっと満足して貰うには自分に何ができるかを考えると次からの業務に力が入ります。

働きやすさ

この業界へは未経験からのスタートだったので入社当初は不安しかありませんでしたが、先輩・後輩関係なく誰とでも相談、報告等話しやすく、事務所内でも時折笑い声がきこえるような雰囲気の良い環境があります。
基本的には自分で考え行動する、同時に先輩方がしっかりと見守っていてくれるので、困った時はすぐにサポートしてくれます。

そういった環境のおかげで正直、入社当初は鉄関係に全く興味がありませんでしたが、今ではもっと知りたい、色々と経験を積んでいきたいと思うようになりました。
昼食を皆で食べに行ったり、週末に遊びにいったり、、、
仕事外でも仲良くしてくださる先輩方が築きあげた環境のおかげで、ストレスなく業務に集中する事ができます。

1日の流れ

1日の流れ

会社の雰囲気

東海共立の働きやすさの一つに、上下関係の風通しの良さがあります。仕事内での疑問点や、悩みを気軽に先輩や上司に相談できます。それだけでなく、上司から「困ってることはない?」とコミュニケーションを積極的に行う空気があります。そのため、仕事という垣根を超えて、プライベートでも交流があったり。まるで、”家族”のような雰囲気の中で働いています。

TOPへ戻る